日記

【突然の別れ】電力会社難民になりました【あしたでんき】

毎月支払う固定費はなるべく削減したいもの。

金額が高めな電気代は、見直し対象になることも多いのではないでしょうか?

僕も電力会社をこの3月に見直しました。

そして4月にその電力会社がなくなりました。

いとう
正確には供給終了とのことです。

突然の別れでした。悲しい。

 

半年で3社の電力会社と契約するハメになりました。

そんなドタバタエピソードをまとめたので、お時間があればぜひ読んでください!

 

 

1社目: エフエネでんき (半年)

1社目は、株式会社エフエネという会社が提供している「エフエネでんき」でした。

結論から言うと、おススメできません

料金体系が市場連動型であり、それほど安くなく、なのに解約金必須だからです。

 

エフエネは、引越の際に不動産会社からセットで紹介された電力会社です。

「電気は自分で契約する」と伝えるも、

「それなら物件も契約できない」と言われ、しぶしぶ契約しました。

いとう
いま思えばこの不動産会社の対応ってセーフなのか...?🤔

 

使い始めて4か月、去年の12月までは特に問題がなかったのですが、

今年の1月、電気代が急に5,000円ほど高くなりびっくり。

内訳を確認してみると、電力調整費が約30%を占めていました。

市場連動型の料金体系のため、資源価格の高騰が価格に織込まれたのです。

少し調べてみると、電気代は価格が固定されているプランが一般的とのこと。

市場連動型の場合、どれだけ節約したとしても

自分のコントロール外の要因(市場価格)で電気代が上がってしまいます

いとう
これじゃあやるせないですね。

 

また、エフエネ電気は更新月以外での解約では9,800円の手数料がとられます。

新電力では解約金を取らないことが一般的なので、ここも大きなマイナスポイントです。

 

 

2社目: あしたでんき (2か月)

エフエネでんきからの乗り換え先は、あしたでんき!

こちらは非常におススメな電力会社でした。

電気代は固定型で、マイページのUIも使いやすく、文句なしに使いやすかったです。

 

しかし、2022年4月27日。

終わりの見えない資源価格の高騰を理由として、

2022年6月30日での電力供給終了を突如発表します。

いとう
これにはショックを隠し切れません...

まだ1回目の引き落としすらされてないのに。笑

 

僕の特にお気に入りだったポイントは、

電気の利用量と価格が、ネット上で、時間/日/月ごとに確認できる点です。

いとう
日々の利用量がつぶさに確認できるので、節電の目途付けに役立ってました。

サイトも見やすいです。本当に残念!

 

 

3社目: ONEでんき

あしたでんきの電力供給終了のお知らせを受けて、急遽電力会社を再検討することに。

しかし、最初の乗換えの際に候補としていた電力会社のいくつかは、

あしたでんきと同じく、サービス終了や新規申込停止となっていました!!

いとう
評判の良かったエルピオ電気まで...

 

慌てました。しかし!そんななかで選んだのは、ONEでんきでした!

電気代はあしたでんきよりやや割高になるものの、許容範囲だったことが決め手です。

いとう
無事にサービスが続くことを祈るばかりです。笑

 

 

電力会社比較

最後に、僕が契約した(する)電力会社の電気代をカンタンにまとめておきます👇

いとう
あしたでんきとほぼ同条件のONEでんきと契約できたのは、

もしかしたら運が良かったのかもしれないですね。。

 

お値打ちな料金プランがとても魅力な新電力。

今回は思わぬ落とし穴があることに気づくことができました。

それでもやはり、お値打ちさを考えると使わずにはいられません。

同じく電力会社難民となっている人の参考になれば幸いです。

-日記