日記

【ダイロン プレミアムダイ】意外と簡単!洋服の染め直し

買ったは良いけど色がイメージと違った。。

そんなことはありませんか?

いとう
僕はネットでもよくお買い物をするので、たまにあります🤢

そんな時は、、自分で染めちゃいましょう!!

今回は、私物のデニムブルゾンを染めてみました。

 

染めるもの

今回染めるのは、AURALEEのHARD TWIST DENIM BLOUZONです。

 

AURALEEはシンプルながらどこか上品さが漂う日本のブランドで、着心地もバツグン。

お値段はかわいくないのですが、ご褒美としてたまーに購入する大好きなブランドです。

そして、欲しかったけどリアルタイムで手に入れることができなかったのがこのブルゾン。

メルカリでストーキングを続けた結果、20SS(アイボリー)のサイズ1を10,000円以下でゲット!

サイズ1は本来レディースですが、

身幅がゆったりとした作りなので、175cmの僕でもジャストでした💯

いとう
バラクータ G9のようなドッグイヤーカラーに、

ビンテージのワークジャケットにありそうなウォームポケット...🤤
控えめに言ってもかわいすぎます。(親ばか)

 

20SSは形がドンピシャなんです。そして色は21awのブラウンが良いんです。

そんな欲張りな僕が思いついたのが、

いとう
20ssをブラウンに染めれば良いのでは?

という、小学生のような結論でした。笑

 

 

ビフォーアフター

先ほどお見せした真っ白のデニムブルゾンが、、

 

こんな染め上がりになりました!

 

泥染め?のような雰囲気もあり、かなり気に入ってます😊

 

いとう
早速、染める方法をご紹介していきます!

 

用意するもの

✓ ダイロン プレミアムダイ エスプレッソブラウン (4袋)

✓ ダイロン カラーストップ (1袋)

✓ 大きめ(18L)のバケツ (1つ)

✓ 染料液のもとを作るいれもの (1つ)

✓ 厚手のゴム手袋 (1セット)

✓ 塩 (1kg)

✓ 40℃のお湯 (15Lくらい)

✓ 染めたい服

 

 

やりかた

いとう
もっと写真撮っておけばよかったと後悔しています。笑

 

STEP1: 必要なものを揃える

上述した「用意するもの」を参考に、必要なものを準備しましょう!

今回使用した染料であるプレミアムダイは、40℃のお湯で染色ができます。

比較的中温での染色となるため、服の縮みもほとんど気にする必要はないです。

250gにつき1袋なので、約900gのデニムブルゾンのために、4袋用意しています。

塩も、プレミアムダイ4袋分を準備しています。

いとう
本当はお湯の量も6L/袋なので、24L必要でした。

バケツの大きさが合わず、今回は見ないふりをしています。笑

カラーストップは1袋につき1kgまでOKなので、ほとんどの人は1袋で事足りると思います📝

 

STEP2: 染料液のもとを作る

使うもの

✓ お湯 (1.2L)

✓ プレミアムダイ エスプレッソブラウン (4袋)

✓ 染料液のもとを作るいれもの

✓ 厚手のゴム手袋

染料液のもとは、実際に染色をするバケツとは別の容器で作ります

お湯1.2Lに4袋分の染料を投入し、溶け残りがなくなるまで、しっかり混ぜましょう。

いとう
僕は用意するのを忘れていて、鍋を使いました。笑

 

STEP3: バケツにお湯を貯めて、塩を溶かす

使うもの

✓ お湯 (13.8L)

✓ 塩 (1kg)

バケツに14Lくらいのお湯を貯めて、そこに塩を投入します。

お塩には、服の色落ちを防いでくれる効果があります

そのため、STEP2と同じく、溶け残りがなくなるまでしっかり混ぜましょう!

いとう
服がしっかりと浸りつつ、

容器から染料液が溢れない量のお湯を用意するのがポイントです💡

 

STEP4: 染料液を作る

使うもの

✓ STEP2で作成した染料液のもと

✓ STEP3で作成した塩お湯

✓ 厚手のゴム手袋

染料液のもとと塩お湯を混ぜて、染料液を作ります。

 

STEP5: 服を染める!! (15分)

使うもの

✓ STEP3で作成した染料液

✓ 厚手のゴム手袋

✓ 染めたい服

さて!ようやく本番です!

染めたい服を染料液に投入し、15分間混ぜてください!

いとう
これがなかなか重労働でした。。

ムラにならないよう、隅々まで染料液に浸すイメージです💡

 

STEP6: 浸け置く (45分)

15分間の混ぜタイムのあとは、待ちの時間です。

45分間、服を染料液に浸け置きましょう。

完全に放置ではなく、ムラにならないように10分に1回くらいはかき混ぜた方が良いです!

 

STEP7: 水ですすぐ

余分な染料を落とすため、水ですすぎます。

目安は、すすいだ時に出る水の色が薄くなるくらいです。

 

STEP8:  カラーストップ液を作る

使うもの

✓ カラーストップ (1袋)

✓ お湯 (16L)

✓ 厚手のゴム手袋

服を染めるのに使用した量と同じくらいのお湯を用意して、

そこにカラーストップを入れ、カラーストップ液を作ってください。

 

STEP9: カラーストップ液に服を浸ける (15分)

使うもの

✓ STEP8で作成したカラーストップ液

✓ 染めた服 (水ですすぎ済)

カラーストップ液に15分間、染めた服を浸けおきます。

いとう
なぜかここだけ写真撮ってました。

 

STEP10: 再度水ですすぐ

ふたたび水ですすぎます。

目安は、すすいだ時に出る水の色が透明になるくらいです。

 

STEP11: 洗濯機で脱水する

洗濯機で脱水します。

僕は服を傷めたくないので、3分間だけ脱水しました。

 

STEP12: 陰干しする

いよいよ最後です! 陰干しをして、しっかり服を乾かしましょう。

染色後のイメージが大体わかるので、ドキドキの瞬間です。

 

STEP13: 完成!!

これで染色は終了です!おつかれさまでした🍵

 

 

おわりに

今回染めたデニムブルゾンを着て何度か外出したのですが、服への色移りもありません。

 

服を染めることができるようになれば、

シミができてしまったり、色褪せてしまったお気に入りの服も着続けることができますね◎

服への愛着も増すと思うので、ぜひチャレンジしてみてください!

いとう
読んでくださり、ありがとうございました!

-日記