旅行

【旅行記】2022.05 / 瀬戸内国際芸術祭

2022年5月14日

GWは、香川県の直島に行ってきました。

3年に1度開催される、瀬戸内国際芸術祭に参加するためです🎨

今回はその旅の記録を写真付きで紹介させてください。

 

1日目: 直島

直島には車で向かいました。同行者とは朝2時集合です。

高速を爆走し、午前7時に岡山県の宇野港に到着。

目的地の直島にはフェリーで向かいます。

車のなかから、こんな景色を見ながら10分ほど海の上をゆらゆら。

 

~~~~~

草間彌生さんの赤かぼちゃ

黄かぼちゃは台風に流されてしまい、島の人達が海から救出したけど現在も修復中だそうです。

 

~~~~~

直島パヴィリオン。夜は22時までライトアップされています。

いとう
写真撮影の列ができるくらいの人気なので、

朝イチに行くことを強くオススメします📝

作品のなかに入ると、こんな感じのイケイケ写真が撮影できます。記念にぜひ🔥

 

~~~~~

宮浦ギャラリー六区は、その時々で様々な展示をしている展示スペースです。

僕が訪れた際は、漂流ライターが窓際に敷き詰められていて、

太陽の光にキラキラ反射してとても綺麗でした。また行きたい。

いとう
ちなみに、奥の売店で1個100円で購入できます。笑

 

~~~~~

島をドライブしていたらこんな感じの良い橋を見つけ、少し休憩。

波の音を聞きながら、ちょっぴりお昼寝しました😪

いとう
足元では魚も泳いでました。この時間至福だったな~

 

~~~~~

休憩後は、念願の地中美術館へ!予約制の人気美術館です。

実は予約が必要だと気づいたのが旅行の3日前で、

当初は空きなしだったのですが、粘り強くキャンセル待ちをして、良い時間を確保できました💯

雲一つない青空と、安藤忠雄建築の代名詞でもあるコンクリートが美しい。

地中美術館で特に好きな展示。それがクロード・モネ室です。

モネの睡蓮のために設計された空間で、5枚の睡蓮が展示されています。

特に、入り口正面に飾られている2枚組の睡蓮は圧巻。息を呑む美しさです。

朝焼け(たぶん)を表現した神秘的な色合いがとても綺麗で、ずっと見ていられます。

地中美術館は、頭上の空を額縁に飾られた絵画のように楽しめるアートスペースもあります。

こちらも必見なので、直島を訪れた際はぜひ!足を運んでみてください。

 

~~~~~

夕飯は直島港ターミナル近くのLuke's Pizza&Grillへ!

ごはんまで少し時間があったので、STEPNしながら港近くを散策。

有名な直島港ターミナルも見つけました。イカしてる。

 

~~~~~

そしてこの日は何より、夕日が綺麗だった。

セルビアのセーヌ川にかかる橋でみた夕焼けと同じ色でした。海外にもはやく行きたいな~

 

 

 

2日目: 豊島/直島

2日目も早起きして、この日は豊島へ。とよしまじゃないです。てしまです。

眠い目をこすりながら1時間ほどフェリーに揺られ、家浦港に到着しました。

 

~~~~~

天気がとても良かったので、家浦港から豊島美術館までは徒歩で向かいました。

景色がとてもよくて気持ちよかったのですが、

思ったよりも遠くて、1時間くらいかかってしまいました。笑

 

~~~~~

そして念願の豊島美術館へ!

母型の展示は、今回の旅行のなかでも特に印象に残っています

母型の内部には水が湧き出す場所が至る所にあって、湧き出た水は小さな水溜まりになります。

その水溜まりが更に湧き出てきた水と繋がり、移動し、また別の水溜まりと繋がり...

これを繰り返して、母型には泉が形成されています。

うっかり水溜まりを踏んで足を濡らさないように気を付けてくださいネ! (経験済)

いとう
癒し効果バツグンです。

あまりにも好きすぎて、水溜まりのポストカード買いました。笑

母型はこんな感じのつくり。

内部に柱を使わない、コンクリート・シェル構造で建てられています。

*この写真は、同美術館内のカフェの写真です。母型内の写真撮影は禁止されています💡

この緑豊かな敷地も魅力ですね。

日常の忙しさを忘れさせてくれる、良いのどかさです。

 

~~~~~

針工場(はりこうば)にも立ち寄りました。

このあと紹介する、直島の超人気施設、I♥湯を設計した大竹伸朗さんの作品です。

 

~~~~~

夕方くらいには直島に戻り、ベネッセハウスミュージアムに行ってきました。

この美術館で恐らくいちばん有名な作品「100 Live and Die」は全部光るのを知らなくて、

この状態になったときに慌ててシャッターを切りました📸

安田侃(かん)さんの作品「天秘」は、

人をダメにするソファのような見た目なのに、しっかりコンクリートで硬いのが面白い。

今回の国際芸術祭では、コンクリートの魅力に気づけたことも大きな収穫です🎊

無機質なコンクリートと自然が、寒暖のようなコントラストになっていてとても綺麗。

 

~~~~~

そうそう、I♥湯でお風呂にも入ってきました!

噂通り、イカした銭湯です。

銭湯内はアートでガチャガチャしているのに、意外と落ち着けるのもポイント💡

GW&国際芸術祭ということで、この日はめちゃめちゃ待ちができていました。

いとう
女性の方は1時間半待ちとか。。

400人超のお客さんが来場しているのに、「待たせてごめんね」と配慮を欠かさない従業員の方々。

自分に言われたわけじゃないのに、勝手にあたたかさを感じていました。

 

 

 

3日目: 直島/香川うどん巡り/沙弥島

遂に最終日... 名残惜しすぎます😢

後ろ髪をひかれながら直島を後にして、本日のメインは香川のうどん巡りです。

写真の「はゆか」さんと、その近くの「麦香」さんでおいしいうどんを食べました🍜

 

~~~~~

そして瀬戸大橋近くの島、沙弥島へ。

ここでは、月への道という展示を拝見しました。

家族の写真を見つめ、どこか物悲しそうな宇宙飛行士の雰囲気が幻想的です。

 

~~~~~

そして渋滞にも絶賛巻き込まれなが、8時間くらいかけて帰宅。

気づいたら、3日で900km以上を走っていました。

いとう
楽しかった~!

 

 

 

今回のお宿: SANA MANE

今回の旅行では、SANA MANEというグランピング施設に宿泊していました。

海向かいのドームはとても快適でおしゃれスタッフさんのホスピタリティも最高です。

どれくらい最高かというと、駐車場の塀にお気に入りのシャツを忘れた僕(ばか)に、

イヤな顔一つせず服を送ってくれたり、香川のおいしいうどん屋さんを教えてくれたり、

最終日にわざわざ時間を取って僕らの写真撮影をしてくれたりする程です。

いとう
その節は大変お世話になりました🙇‍♂️

本当に良いお宿なので、みなさんもぜひ!宿泊してみてください👌

 

 

 

おわりに

長文、読んでくださりありがとうございました!

これからも備忘録をかねて、旅行先での思い出を書き記していくつもりです。

この記事を読んで、旅先に魅力を感じてくださり、

あなたの次の旅行先候補の一つになればとても嬉しいです。

 

-旅行